鳩のポーズ、鷺のポーズ

おかげさまで、しばらく起動しなかったパソコンが復活しました。。。。

夫がカスタマーセンターに電話していろいろ聞いてくれて・・・・

結局、解決策としては「初期化」しかなかったようで
パソコンのメールの履歴などなどは全部消えてしまいましたが・・・(しくしく。)
まあ復活してくれてありがたいデス。。。(^^)


*******


えー、
半年か、一年間ほど前から、家でのストレッチにヨガのポーズを2つ、3つ取り入れています。

(ま、取り入れる、と言うほどのたいしたものではないのですが。。。)

わたしは、ヨガとは、正式に出会ってはいない、というか、

ヨガと名のつくものに参加したのは、近所のフィットネスクラブの中にあったスタジオプログラムの、
「ハタヨガ・ディープブレスフロウ」というのに出てみたのが初めてでした。

なので、
本格的にヨガの教室、または道場に通ってらっしゃる方からみれば
フィットネスクラブのインストラクターが指導するヨガ・プログラムは、
”ヨガもどきで本式ではない” と思われるものかも知れないのですが・・・・、
わたしからすればそれなりにヨガに触れた最初でした。

そして、わたしなりに ”気持ちいい” と思えたポーズを、ネットでその効果やそのポーズを再確認したりして、
自分なりに毎日のストレッチに加えています。


わたしは職業柄、一日中あまり動かず、パソコンに向かっている姿勢が多いので
基本、首のうしろや肩、そして背中が凝る人でした。

でも気がつけば、毎日のストレッチを始めてから、以前よりそのコリがなくなっています。


・・・しばらく前から取り入れたヨガのポーズのひとつは「ハトのポーズ」といわれるもです。

d0107419_1225694.jpg

(稚拙な絵でスミマセン・・・(汗))


これは(ヨガをやってらっしゃる方なら定番なポーズを思いますが)
まげて上げた片足を、その方の腕の肘にひっかけ、両腕を後ろに組み、反対方向に胸を張るというものです。

これは・・・・かなり難易度が高いポーズと思われ・・・、
私は身体を後ろ側に反るのが苦手なのか、足先をヒジにひっかけるまでは何とか出来るのですが
その手を、頭のうしろで両腕で組むというのが出来ず(左足を上げた場合はなんとかなんとか苦し紛れに出来るのですが)、
出来ない距離はタオルを(右手と左手の間で)持つことで補充し、なんとかこのポーズに近づいてる感じです


しかし、最初に習った時から ”このポーズは結構深いかも?” というか ”なにか効きそう”・・・、と直感的に思ったようで、できないながら毎日続けていたせいなのか、始めてから何ヶ月か経って、骨盤まわり(腰まわり)のお肉チャンが明らかに減ってきているのに気づきました。

そしてもうひとつ、 
これはフィットネスクラブで習ったものではないのですが、ネットでヨガのポーズを見ているうちに「これは効くのでは?」と思ったもので「鷺(サギ)のポーズ」と言うものがあり、これも合わせて毎日やっています。

d0107419_123375.jpg

これは、何ヶ月が続ける内に、背筋が伸びるのと、(このポーズは背筋を伸ばしながらひざ裏を伸ばすというのがポイントなのですが)、足のラインが前より整ってきているのでは?という感じがします。


・・・・あとは、片足立ちの木のポーズの変形・・・というか自分なりに工夫したものを毎日やっていたら、前にはふらついていた片足立ちが、気づかぬ間に以前より安定してきていることに気づきました。


そんなわけで、
からだって毎日の観察がおもしろいな、
変わるんだな、という楽しさを感じているここ何ヶ月かであります~!
[PR]
by voicivoila | 2010-02-13 01:42 | カラダログ | Comments(0)
<< 茶色のピアス お米を研ぐ >>