新宿伊勢丹の美人率は相当なもの

今日スタジオでのレッスン後、なりゆきで新宿に出ることになり、そのついでに伊勢丹で10分程すごした。(主な目的、お化粧直し。)

化粧室の鏡の前に立った時ふと隣の鏡の女性が眼に入る。
「・・綺麗」
その女性が立ち去り、次にお化粧直しに立ち寄った女性。
「・・・ 綺麗」

ひとくくりに百貨店とはいえ、私が普段出入りする某街のデパートで見かける女性とは、なんというか・・肌の質自体が違う印象。肌オーラの格が段違いに上だ。

もともと新宿伊勢丹はコスメティックにも力を入れており、美の発信地としての位置づけも長年かなり意識的にやっている。
以前もここに寄った時は「伊勢丹に来てる女性はきれいな人が多いな」と思った記憶があるが、今日はなんというか、自分がレッスン帰りの、さんざん汗をかいた後のさんざんな(気合の入っていない)姿で立ち寄ったこともあり、次々と見かける透明感のある美女たちに、気後れした。。。

私も若い頃はいやに美容や美白に意識的な時があっが、、、
近年、特にベリーダンスと出会ってから、以前よりものごとに対し「大らか」「寛容」な傾向がすすみ(笑)、びよう関係も昔ほど神経質にキチキチしなくなっている。その変化は精神的に良い面もあるのだが、しかし何事も程度問題で、女は美容に「寛容」になり過ぎてイケナイ面もあるのだ。

美のアンテナが高い美女の集う場所。
(あ、ベリーダンスの世界もまた、伊勢丹的ベクトルとは全く違う意味でそういう場所とも言えるが、それはまた深いので(?)置いといて。)
この種の美女達から見習うことも沢山。たまには違う美しさの面から刺激を受けるのも、女を続けるのに大切なものかもね。
[PR]
by voicivoila | 2007-04-30 01:12 | ビヨウログ | Comments(2)
Commented by サラ at 2007-05-01 19:15 x
ベリーと出会って「寛大に」って・・・なんとなく分かる(笑)。

私の場合、フランスに来て、既にかなり寛大になってしまってるので、これ以上おおらかになると、タダのオバサン化は免れない気がします。

こっちでは、お腹ブヨーんな人も平気でヘソを出してるしね...。
私も決して引き締まったお腹の持ち主ではないので、人のことは言えません。まずいまずい。
Commented by voicivoila at 2007-05-02 00:13
えっフランスに行くと寛大になるの?!?
パリの空気で逆にブラッシュアップされるのでは??・・・・・

あーでも日本人は結構「まわりの目から見た自分」も気にしてキチキチキチンとしてるとこありますからねー
ヨーロッパの人の方が「私は私でいいの(きっぱり自信。)」っていうのがドーンとあるのかしらん。。。(欧米在住経験がないのでわからないのですが・・・)

お腹といえば、
(私も今、自分のことはす~っかり棚にあげて言うと ^^;)
先生や先輩のはなしによると、Bellyの本場、エジプトのダンサーさんとかは結構大変なものらしいですよ。うちのスタジオの先生方は、かえってあまり痩せてるのはいやがりますね。。。。。
といっても私のお腹の肉の言い訳にはならないので、しぼらなくては。まずいまずい(汗)。
<< 自分より上級クラスに出るの巻。。。 はじめてのヒップスカーフ・・・・ >>