カテゴリ:エイガログ( 3 )

映画 『ファッションが教えてくれること』

d0107419_2333819.jpg

久しぶりに「見たい」と思った映画へ行く。

『ファッションが教えてくれること』。

アメリカ版「VOGUE」の編集長、アナ・ウィンターの姿を追うドキュメンタリー映画。

アナ・ウィンターと言えば、
わたしは知識はほとんど無く、ファッション誌の「パリコレ特集」など、コレクションの記事を見るたびに
必ず”ファッション・スナップ”で写される、超有名(らしい)編集長・・・、という知識ぐらい。
 
コレクションの時期、彼女が一日目に何を着てたか、二日目は何を着てたか、三日目は・・・・
それが世界中のカメラに写され、最新のモード・ニュースになる、ファッショニスタの間では影響力のあるすごい人なんだなあ・・、という認識でした。

そんな記事に載る彼女は、いつも黒いサングラスで憮然と腕を組み、世界のモードに影響力を持つと言うコワイ印象。 なんと、あだ名は 『ドレスを着たダース・ベイダー』 だそうで・・・・。
(・・・・映画をみれば、その、ダース・ベイターぶりが、ワカリマス・・・・。)

* * * * * * * * * * * *

映画では、そんな誌面の印象とは違う彼女のチャーミングな笑顔や、表情も見れました。

もちろん、誌面の写真(構成)を決めて行く彼女はある意味、「鬼」。
それは『VOGUE』という、歴史のあるモード誌をを双肩にかけるには、当然の『仕事』なのでしょう。
そして、相方と言える仕事仲間のグレイスという女性との永年の信頼関係。

”アーティスト”堅気のグレイスと、
あくまで”ディレクター”であるアナ・ウィンター。

相容れないこともあるかも知れないけれど、それでもお互いが無ければ成り立たないVOGUE。

その二人の関係が軸になって映画は進みます。

モードやファッションに直接興味のない人でも、
「仕事人」のドキュメンタリーとして、おもしろく見られるのでないでしょうか。

* * * * * * * * * * * *

映画を観たあと、ひさしぶりにVOGUEを買いたくなっちゃいました(^^)。
vogue NIPPON ではなく、アナやグレイスが編集している、アメリカ版vogueを覗いてみようかな・・・・・


余談:

映画を観終わったあと、ダンナと寄ったバー(映画館の入っているビル、マルイ・アネックスの地下にある『ブルックリン・カフェ』、レンガの壁と、本棚が並ぶ広い空間)で一杯飲んだ、日本の地ビール。
ベルギー・ビール風のホワイトビールで、おいしかったデス。
何県のものか、銘柄とか忘れちゃったけど(><)。

映画の後、お互いの感想を語りながらの一杯のひととき、いいですよね。。。
[PR]
by voicivoila | 2009-12-13 23:54 | エイガログ | Comments(2)

『ムガル帝国』

2008 エルメス 『インド年』
それにちなんでの、銀座プライベートシネマに於けるただ今上映のインド映画、

d0107419_1410629.jpg

        
『MUGHAL-E-AZAM 偉大なるムガル帝国』

1960年にK.アースィフ監督によりインドで制作された歴史長編作。
時代背景はインド大陸最大の王朝「ムガル帝国」。その大帝アクバルの息子サリームと魅惑の踊り子アナールカリーの禁じられた恋の行く末が軸となり、大帝と王子であり同時に父と息子である2人の男の緊迫した関係や、時代の波に翻弄(ほんろう)される若い恋の「儚い(はかない)夢」が描かれる。

宮廷装飾や歌と踊りなどの芸能シーンと、壮絶で大規模な戦闘シーンが対照的に繰り広げられるなど、美しい映像とともにインドの歴史文化を裏付ける大スペクタクルが楽しめる。  制作当初はモノクロ作品だったが、当日は、全編カラー処理化された2004年の作品を上映する。上映時間は3時間15分(途中10分休憩)

銀座エルメス10階 プライベートシネマ「ル・ステュディオ」
上映開始時間=11時・15時30分。12月20日までの毎週土曜のみ上映。入場無料。要予約。問い合わせはエルメスジャポン(TEL 03-3569-3300、平日=9時30分~18時、土曜・日曜・祝日=11時~19時)まで。


企業が自分の事業の一環として、良い作品を人々に無料で公開する、ってうれしいですね♪
(教えてくれたYちゃん、ありがとう♪)
[PR]
by voicivoila | 2008-11-26 14:11 | エイガログ | Comments(0)

ジョン・ウー×チョウ・ユンファ!

またすっかりご無沙汰しています(汗) ごめんなさい!!
バタバタしております。。。。(>_<)

今度、太鼓仲間が自分のイベントやるのに私にも声をかけてくれ、5月末に相模原であるベリーダンス&アラビック太鼓生演奏の場にダルブッカで出ることになりました!! なので練習練習!!!
またその事は別に書きたいと思ってます~


そして今回は別の話っ!


いや、つい先日、渋谷駅構内を急いで歩いてる時、たくさん貼られたポスターに写っている人物に目を疑を疑いました…!

チョウ・ユンファ!?!

えっウソでしょ?!?

すごい急いでるから立ち止まって確かめられない(>_<;)、それでももいちど目を走らせると、「ジョン・ウー監督」の文字

え゛ーまじで?!(泣)
チョウ・ユンファとジョン・ウー監督、何か新作映画あるの??

知らない方に説明すると、
チョウユンファは超~有名な香港映画俳優、ジョン・ウーはこれまた有名な名映画監督で、
この二人の組み合わせは香港映画の輝かしい一時代(特にノワールもの、バイオレンス・アクション)を築きました。
彼らが作った作品は、欧米の映画監督にも影響を与えてます。

なので香港映画ファンは、二人の名前を見るだけで反応するし、増してその二人がまた組んだりしたら確実に泣きます(?)。

って渋谷駅あとにしても気になって気になって(>_<)、香港映画ファン友だちに速攻メールして聞いてみるも、友だちも分からず…

帰宅後、旦那に聞いてみると「それゲームなんじゃない?」と。
ゲーム??

ネットで調べて見ると、ジョン・ウーが監修して、主人公にチョウ・ユンファをフィーチャーしたバイオレンス・アクションゲームがどうやらあるらしい…
うー、香港映画ファンからすると微妙…
っていうか私がゲームしないので良く分からないんですが、彼らのファンはそのゲームを喜んでするのかな。

確かに「え~ゲームなの…」と、浮かない気分でそのゲームのホームページを見てみたら、動画のビジュアルが見れて、主人公のチョウ・ユンファに似させてるとことか、かつての映画にありそうなシーンに「あはは!確かにジョン・ウーの作るアクションにしてる!」と結構笑えたんですけど(これ、香港映画ファンは笑う~(^o^))、
実際これ購入するって言うのは香港アクション映画ファンの男性なんでしょうかね~?? ターゲットはどこに?

私が香港映画にはまったのは、10年以上前で、ウォン・カーウァイと言う香港ニューウェーブ?の監督作品が好きになったからなんですけど、彼のアート系・美大生好み系・作品を最初見てて、そのうち香港映画友だちができる中で、こてこての「王道」香港映画(アクション、お笑い)も見るようになり、そのあまりの勢いや熱さやばかばかしさ(笑)にはまってしまったのでした。あ、でも、ばかばかしい、は香港映画への愛や誉め言葉ですっっ(^^)。

最近は何年も香港映画とご無沙汰してるのですが、先日、レンタルDVD屋さんに行ってみたら、なんかやたら韓国映画のコーナーが巨大で!!、愛する香港映画がなんと!「その他アジア映画」なんちゅー枠に、他の国の映画と混ざって入れられており、なにこの扱いー?!と憤慨シマシタっ(`o´)。(憤慨してもしょうがないんだけど、そこはファン心理♪)
レンタルDVD屋さんへは普段行かないので、近年こんな状況になってるとは知らなかった…!
韓国映画になんの恨みもありませんが、かつての香港映画ファンとしてクヤシイです(笑)。

でもでも考えみたらいいや。韓国映画みたいな社会的巨大ブームほどならず、でも日本の中にいつもコアな香港映画ファンは一定数存在する、というのもマイナー加減で。(くやし紛れ?(^-^;))

あ~でも久しぶりにチョウ・ユンファなんて名前見たら『男たちの挽歌』、懐かしくなった…。
義侠心と友情と男達の哀愁と。
チョウ・ユンファが、真っ直ぐな野良犬みたいな風貌で、地べたに足投げ出して怒ったように飯をかっこんでる姿、せつなくて惚れます。

香港映画って温かいんだよね…(^-^)
[PR]
by voicivoila | 2008-05-17 19:23 | エイガログ | Comments(5)