<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

やっぱりミュージシャン少ない・・・

ベリーダンスを習う日々の中、
たくさんのショーを見たり、また、先生や先輩たちの会話をかいま聞く機会の中でよく思わされること。

ベリーダンサーや、それを習う人の数に較べ、ベリーダンスの音楽をやる人の数が圧倒的に少ない・・・・・・

私はたまたま、ベリーダンスを習い始めた事が入り口でアラブのダルブッカという太鼓に出会い、その音に惚れ、(超マイペースながら)習うに至っている現在であるが、
数が増えつつあるベリーダンス人口の割りに、その音楽にも興味を持ち、楽器を自身でやってみようとする人はあまりに少ない、と思うことしばしばである。

それ(音楽)に向かうかどうかははもちろん個人の趣味であるし、
『ダンス』というもの自体が、とてつもない魅力を持ち、人をそれに一生賭けさせる程の、恐ろしくも深い引力を持っていることは、ぼんやりしてる私にも感じられてきている最近である。。。。

しかし、これだけの数の人がベリーダンスの音楽に触れる中、
もう少し音楽人口も増えたら嬉しいのに、と思うのもまた私の正直なところである。

ダルブッカ(太鼓)、ウード、アコーディオン、ヴァイオリン、etc.etc.・・・・・

ベリーダンスの音楽をつくる楽器はいろいろ
でも、それを演奏できる人は少ない。

「エジプトだとわんさかいるのにね」
とは最近聞いた先生の言葉。
なぜか、ちょっと悲しくなった。

・・・自分のできることから、
と、思う。


(あ、でも時に、独特のアラブ音階がたまらなくて
旋律楽器もどうしよう とたまに思い
この前アコーディオンてどのくらいで売ってるのかな
とふと思って調べたら 高くてビックリした。

ありゃ。
ピアニカじゃ代用無理だろうか
つーか太鼓と同時にできないじゃん
ハーモニカ?? )



例えばスタジオハフラや、
友だちと集まってなんかやろう~って時に、
じゃ私踊るー、
じゃ私タブラやるょ、
じゃ私笛吹く・・
なんて言うぐらいに自然に楽器やる人がいたらいいのに。。。。。というのは夢過ぎるだろうか。

それぐらいベリーダンスの音楽が、アラブの楽器が、ベリーダンスの音楽を自分でやる事が、
ショーに出る「プロ」だけの特別なレベルでなく、
ごく身近の、ダンスの好きな仲間のレベルにも広まったら、、、
と思う最近である
[PR]
by voicivoila | 2007-08-26 01:07 | ベリーログ | Comments(0)

エベレスト山 ビール

ウチの近くに
女の子ふたりでやってる、アジアや中近東の料理を出す
very美味しい食堂があるんだけど
(置いてるお酒の種類も世界いろいろ!)

そこにある
エベレスト・ビールのポスター。

d0107419_0172150.jpg
d0107419_0174176.jpg
d0107419_0175828.jpg

むぅー。エベレストの頂上に登りつめた時
飲みたい味なのか!?!

未体験。

(いつも ベトナムの333(バーバーバー)ビールとか頼んじゃうから。←オイチイ)

次はトライしてみます
[PR]
by voicivoila | 2007-08-19 00:18 | タベノミログ | Comments(0)

ペルシャの太鼓と弦楽器

一昨日ダルブッカのレッスン帰り、夫との待ち合わせもかねてイラン人のマスターがやっているBAR(ギネスが秀逸!)にビール飲みに寄ったんだけど、その時マスターに自分の太鼓見せたら、

「うーんイランの太鼓とちがうね、イランのは枠も木で出来てて縁も叩いて音を出すんだょ」
と、すぐYou Tubeでペルシャの音楽探してくれた

Persian Music with Persian Tar and Tonbak

これは太鼓と弦楽器のもの。(この弦楽器はマスタいわくギターの祖先らしい。 あれっ、アラブのウードもギターの祖先だよね? う~ん アラブやペルシャの文化ってケタはずれに歴史が古いから、そういう”祖先なもの”がたくさんあるんだろうなぁ・・・)
太鼓はZARBというらしい(片仮名でいうとザルブ。Rは喉音だった)。形はダルブッカに似ていると言う。

この弦楽器、ウードより小さいね でもいい音。シタールに似てる。
アラブの音楽はライブでも観るしCDも毎日聴いているけれど、ペルシャ音楽は、似ているようで でもちょっと趣が違う・・・でも これも素敵・・・♪

この音楽、アルメニア映画で聴いた民族音楽にも似てる。 
アルメニアもペルシャと文化圏がかぶってるのかな?


You Tubeでいくつかペルシャの音楽を見てたら生で聴きたくなっちゃった
音や金時とかでやらないかな。。。
[PR]
by voicivoila | 2007-08-16 19:57 | オンガクログ | Comments(0)

暑中お見舞い申し上げます~

暑い日が続きますねー

そんな中も私は月末にあるイベントのレッスンなどで気忙しく過ごしておりマス
昨日も正午からレッスン。
いつものようにイベントの振付の稽古。昨日はなぜか生徒が少なめ、5人でちょっとラッキー。

いつもの様に鏡の前で踊る先生を、その後ろ姿、また鏡越しの正面姿を見ながら踊る。
先生を見、真似しながら
先生もエジプトで同じように向こうのダンサーを間近で見、その人の振り・空気を素敵だと感じ覚えてきたものを、日本の自分のスタジオで自分の生徒に踊りながら教えるのって・・・生の人間の体で直に伝えて行くのって・・・こういうのスンゴクおもしろーーい・・と改めて感じる・・・(踊りって当たり前にそういうものかも知れないんだけど、なんかそういう空気の継承がね。だっていつも何か知る時ってメディアを通してばかりなんだもん)

うちの先生に今回やるバラディの振付を教えた人はエジプト在住のスペイン人ダンサー。でも私たち生徒はそのダンサーがどんなバラディを踊ったのかは実際に見ることもないしわからない。生徒はその感じを先生の言葉や(説明といってもほんの感覚的なことしか聞けないけど)踊りをみて振付を覚えていく。

初めてこの振付を習い始めた時、踊る先生を見てなんて素敵なんだろうと思った。先生がエジプトで習って、良いなと感じたものは、先生の中に入って私たちに教える時は先生の踊りになっている。エジプトでのダンサーは素敵だったのだろう、けど私たちは自分の先生のバラディに惚れてそれぞれ覚えて行く。

それを習う私たちひとりひとりが先生から素敵と感じるものはまたそれぞれ違うだろうから、生徒達はそれぞれのバラディを踊るようになっていくんだろうな。。。




今日も暑い夏らしい日!!!
冷房やめて、久々にバリのガムラン聴いてます。今日みたいな日に聴かなくてどうするって感じね。本当にガムランは自然の音、ゆらぐ風に近いね。特に鉄琴だか木琴の音を聴いてるとあっち側に気持ちよく行っちゃいそうです ^-^
[PR]
by voicivoila | 2007-08-05 17:06 | ベリーログ | Comments(6)