<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

暮れてゆきますね

あっという間に、今日はもう12月29日・・・・。

先週はクリスマスで、
うちもささやかなれど楽しいクリスマス・ディナーを過ごし、
そしてみんなもご家族や友だちと一緒に過ごしているのだろうな~(^^)と思いを馳せつつ・・・、
それもblogに書きたいなーと思いながらもなんやかんやで時間無くchristmas week は過ぎ。。。。。

昨日の28日は仕事納めで、17時からの就業後は部署ごとに納会。
職場の上司、同僚たちとビールや日本酒片手に年末のごあいさつ。
(考えたらこれも思いっきり日本的行事ですね・・・(^^;))

そして今日から、短いお正月休みが始まりました。


で、

もう先週になってしまいましたので
小さく(?)クリスマス(ディナー)のご報告を少し・・・・。
d0107419_22561844.jpg


うちは、主人もわたしもすきな羊(骨付きラム)を買って、お気に入りの沖縄のお塩・胡椒・ローズマリーでシンプルに焼いてみました。
d0107419_2312032.jpg


そして、これも二人とも好きなチーズ・・・!
試食をさせて頂けるデパート地下食品売り場で、ベテラン販売員とお見受けするおばさまから
”fromager des clarines”、
”クラリン”というチーズを買わせて頂きました。
 
最初はわりとフレッシュなものを試食で頂いたのですが、
「うーん、これも美味しいけど・・・、もっと進んだ(成熟した)ものもおいししそう・・・・」と思い、
おばさまに「もっと(製造日から)日にちの経っちゃったものはありますか?」と聞いたら、
「一個だけありますょ!」と食べさせたもらったのが、うちの好みにドンピシャ! 
同じものでも作られた日にちによって味わいは違いますよね。 人によっては ”ちょっとクサイ・・?” と思われるものかも知れないですが、ダンナとわたしの好みだったので、その、残り一個だけの古い日付のものを頂きました!
(おいしいうえに、日にちが経ってるということで10パーセントoff!なんだか得した気分でした^^)
d0107419_23174058.jpg


そしてそのチーズと最高のアンサンブル、
近所のパン屋さんで買った、クミンシードの入ったライ麦パン。 赤ワインと無限にいただける組み合わせでした♪
d0107419_2340472.jpg



そして頂いたクリスマスカードたちからも、季節の空気を頂きました。


d0107419_23414245.jpg



ただいま名古屋在住のAちゃん、ありがとう!

d0107419_2342359.jpg



そして岩手のお義母さんからも、お手製のもちぎり絵のカード、ありがとうございます。





* * * * * * * * * *

東京は、比較的あたたかい師走の中で年越しを迎えそうです。

今日も家事に、用事に、駆け回ってた一日でしたが、
(そしてたぶん明日も。。。)

なんとか無事で年末年始を過ごせたらな、と思っています。

貴重なご縁でこれを読んでくださった皆さんも、
どうぞお身体お大事に、
ご家族や、大切な人たちと、新しい年を迎えられますように・・!


あー、明日、あさって!と、
(あさっては私の実家で、一日早い新年のお祝い会です)
あっと言う間に2009年が暮れそうですぅ~!(><)
[PR]
by voicivoila | 2009-12-30 00:03 | ヒトリゴトログ | Comments(0)

Berlin のビールグラス

今日も朝から洗濯、炊事、買い物、、、、
12月の週末はいつの月に増して、家事・用事・・・に走れる貴重な時間ですね・・・!


えー、
そんな中、となり町の雑貨屋さんまでちょっと用事があり
寒風の中、シャカシャカ歩いて行って来たのですが、
そこにあったビールグラスと目が合い・・・(買い物予定のモノではなかったのですが ^^;)
デザインのかわいさと、
文字にちょっとはげている部分があるということでお値段がお買い得♪ になっていたことに惹かれ、
思わず買ってしまいました。。。

d0107419_15575317.jpg

小ぶりのグラスです。

ウチは、夫もわたしもビールは毎晩飲むビーラー♪ (ビール大好き派: 造語??)なので、ビールグラスは毎日の実用品。 今はもっと simple is best! 的なグラスで飲んでいるのですが、たまにはこういうかわいいデザインのものも気分が変わって良いかと(^^)。
あ、このデザインのグラスはひとつだけしか無かったのですが、
ひとりだけ新調のグラスというのもなぁ・・・、と、
もひとつ、やはり同じくドイツデザインのグラスを一緒に買いました。

d0107419_16102126.jpg

晩ご飯のtableも、ちょっとにぎやかになりますね。
さっそく洗って今夜から使おうと思っています。



:::おまけ:::

d0107419_16204434.jpg


その雑貨屋さんで、クリスマス柄の紙ナプキンも買いました。
うちも今週、プチ・クリスマスディナーでもしようかな~と思っているので (クリスマス・ディナーって言っても、たぶんチキンか羊をウチ好みに焼いた料理に、美味しそうなワインとチーズでもつけようかな??・・・ぐらいのモノですが^^;)、そのときにテーブルにそえてクリスマス気分を盛りあげようかと思いマス!
[PR]
by voicivoila | 2009-12-20 16:37 | カイモノログ | Comments(2)

祝箸

d0107419_1434271.jpg



東京は青空の土曜日ですね

寒いけれど空気は乾き、朝からお洗濯にうれしい快晴です!


* * * * * * * * *

先日、「鳩居堂」の前を通りかかった時、かわいい祝箸が目に入り
つい、両親とわたしたち夫婦の干支のものを買ってしまいました。

大晦日にわたしの実家で一日早いお正月のお祝いをする時につかおうと思います♪

以前には、箸袋に自分で干支の絵を描いてお正月に使ったりしたこともありましたが
今年(今回)は、この可愛い祝箸をつかわせてもらいます。


* * *

さてさて、
こんな晴れた土曜の午後は、もうすぐのクリスマスや帰省の準備など
用事はたくさん。。。 いろいろ動かなくては。

いつもの冬より温かく、いまひとつ暮れの実感がわかなかったりもしますが
やはり師走はいつにまして生活のあれやこれや・・ やることがたくさんですね・・・!
[PR]
by voicivoila | 2009-12-19 14:27 | カイモノログ | Comments(0)

豆鼓オイル(ガーリック風味)♪

d0107419_15204652.jpg

きのうの日曜日、
とある栄養士の先生によるプチ料理教室に行って来たのですが、
そこで習ったレシピのひとつが、 ”作り置きしておくと便利な調味料になりますょ~” と教えていただいた
「豆鼓オイル」です。

ごく簡単に説明しますね !

1) 豆鼓を軽く洗って粗みじ切りにする。
  ニンニクもみじん切りに。

2) 小鍋に、 と 太白ごま油を入れ火にかけ、
  ニンニクと豆鼓の香りが出てきたら火を止め、冷まし、清潔な容器に入れて冷蔵庫で保存する。

先生は昨日は、このオイルを使って 「鶏もも肉のもろみ煮」を作ったものを私たちに味見させてくださいました。

タイトルを聞いただけで、鶏肉好き&beer好き♪ のわたしは ”美味しそー!” と反応してしまったのですが(^^)、
想像したとおり、beer にもごはんにも合う、おいしい焼き煮デシタ!

(簡単にレシピを・・・。
日本酒や生姜で下味をつけておいた鶏もも肉を、しっかり水気をふきとった後、うっすら小麦粉をつけ、多めの油を熱したフライパンでこんんがり焼きあげる。 余分な油をペーパーでふき取り、先ほどの「豆鼓オイル」や醤油、日本酒を合わせたタレと一緒にし、中火で一気に肉とたれを合わせたもの、・・だそうです)

そして、
「うっ、豆鼓オイルは、(わたしと同じく)beer好きの夫もきっと好きな味! 
”うち好みの料理”にも使える!」 
と、料理教室の帰り道、今晩にも作ろう!と、さっそく近所のスーパーでイソイソと豆鼓を買って帰宅。。。

先生のレシピではオイルは ”太白ごま油” をお使いでしたが、
それをスーパーで手に取りながらも、「う~ん・・、わざわざこの新しい一本(結構大きい)を買うよりも、とりあえず今日はウチにあるオイルで代用してみようかな? ・・とりあえず try try~ 」と、先生のレシピの油の部分は、うちにあった ”アボカド・オイル” で代用してみました!
ウチにあるオイルは、基本はオリーブオイルなのですが、先日、たまたまomo kinokuniyaでみつけたアボカド・オイルを購入してあったのです。
アボカド・オイルは、オリーブオイルほどの香り高さが無い分、豆鼓の風味とぶつかることなく、馴染んでくれたと思います(^^)。 (でも、いつか機会があったら太白ごま油でも作ってみたいな! )

作ったのは夕方だったので、先生のように出来上ったオイルを「冷やして保存」まではいかなかったのですが、温かいオイルを料理にかけてももちろん美味しいだろう、と、
これをかける料理はどうしよーかな、と、このごろウチで毎日のように大活躍している伊賀焼きの蒸し鍋で、
長ネギ、しめじ、塩・胡椒・日本酒で下味をつけた鶏のささみ肉をサッと蒸しあげ、
それに豆鼓オイルをかけて頂きました。

・・・・そしたら・・・ウマいっ!!!

ダンナにも大好評で、副菜のつもりでサッと作った”ネギ・しめじ・ささみ” の蒸しものだったのですが
おかわり&おかわりで、結局、主菜ぐらいの勢いで平らげてしまいました!

うーん、beerが進んで危険、危険・・(笑)

でも、うちでよく作る野菜や魚、肉の蒸し物にしても、
ポン酢でいただくか、オリーブオイル(&ガーリックやハーブ等)でいただくか、今回みたいに豆鼓オイルでいただくか・・・、
それによってガラっと、和にも洋にも中華にも変わり、ほんと ”かけるもの(ソース)”のバリエーションを知っていると、いろいろ味わいが広がるんだなぁ・・と感心。。。

お料理好きな人に習って、もっといろいろバリエーションを知りたいと思ったのでした。

しかし、この豆鼓オイル、
白身の魚にも、今回みたいに肉にも、もちろん野菜、そしてお豆腐とか・・・
けっこう万能につかえて、うちの定番オイルになりそうです・・・!
[PR]
by voicivoila | 2009-12-14 16:32 | タベノミログ | Comments(4)

映画 『ファッションが教えてくれること』

d0107419_2333819.jpg

久しぶりに「見たい」と思った映画へ行く。

『ファッションが教えてくれること』。

アメリカ版「VOGUE」の編集長、アナ・ウィンターの姿を追うドキュメンタリー映画。

アナ・ウィンターと言えば、
わたしは知識はほとんど無く、ファッション誌の「パリコレ特集」など、コレクションの記事を見るたびに
必ず”ファッション・スナップ”で写される、超有名(らしい)編集長・・・、という知識ぐらい。
 
コレクションの時期、彼女が一日目に何を着てたか、二日目は何を着てたか、三日目は・・・・
それが世界中のカメラに写され、最新のモード・ニュースになる、ファッショニスタの間では影響力のあるすごい人なんだなあ・・、という認識でした。

そんな記事に載る彼女は、いつも黒いサングラスで憮然と腕を組み、世界のモードに影響力を持つと言うコワイ印象。 なんと、あだ名は 『ドレスを着たダース・ベイダー』 だそうで・・・・。
(・・・・映画をみれば、その、ダース・ベイターぶりが、ワカリマス・・・・。)

* * * * * * * * * * * *

映画では、そんな誌面の印象とは違う彼女のチャーミングな笑顔や、表情も見れました。

もちろん、誌面の写真(構成)を決めて行く彼女はある意味、「鬼」。
それは『VOGUE』という、歴史のあるモード誌をを双肩にかけるには、当然の『仕事』なのでしょう。
そして、相方と言える仕事仲間のグレイスという女性との永年の信頼関係。

”アーティスト”堅気のグレイスと、
あくまで”ディレクター”であるアナ・ウィンター。

相容れないこともあるかも知れないけれど、それでもお互いが無ければ成り立たないVOGUE。

その二人の関係が軸になって映画は進みます。

モードやファッションに直接興味のない人でも、
「仕事人」のドキュメンタリーとして、おもしろく見られるのでないでしょうか。

* * * * * * * * * * * *

映画を観たあと、ひさしぶりにVOGUEを買いたくなっちゃいました(^^)。
vogue NIPPON ではなく、アナやグレイスが編集している、アメリカ版vogueを覗いてみようかな・・・・・


余談:

映画を観終わったあと、ダンナと寄ったバー(映画館の入っているビル、マルイ・アネックスの地下にある『ブルックリン・カフェ』、レンガの壁と、本棚が並ぶ広い空間)で一杯飲んだ、日本の地ビール。
ベルギー・ビール風のホワイトビールで、おいしかったデス。
何県のものか、銘柄とか忘れちゃったけど(><)。

映画の後、お互いの感想を語りながらの一杯のひととき、いいですよね。。。
[PR]
by voicivoila | 2009-12-13 23:54 | エイガログ | Comments(2)

山梨 、 『原茂ワイン』 へ

12月5日 土曜日。

今は曇天の東京。

午後は雨になるそうですね。

これからは、クリスマスや年越しの準備でなにかと忙しくなる時期。 
週末など、お休みの日はできるだけ晴れて、いろいろ行動できるとうれしいですけどね~!


* * * * * * * * * *

さて、そんな師走にはいる前、

11月の、まだ静かな秋の休日に、わたしは山梨は「勝沼ぶどう郷」にあるワイナリー、
『原茂ワイン』さんまで、秋のプチ(日帰り)旅行に行ってきました。

『原茂ワイン』には、毎年4月から11月までオープンのカフェがあり、そこがとても素敵な場所だと最近知ったので、ぜひそこでランチを頂きたい・・・、とダンナを誘って秋の小旅行となったのでした。

東京駅から「特急かいじ」に乗り、勝沼わいん郷駅に午前11時前に到着。

初めて降りたその駅は、甲府盆地をみおろす高台にあり、目の前には静かな山と秋の里の風景がひろがっていました! 遠くには南アルプスの雪の峰。 
・・・普段の生活では見ることのない風景に、それだけで心が自然に深呼吸~、・・・気持ちいい!


そこからタクシーで程なく原茂ワインへ到着。
ぶどう狩りは10月末までだったので終わっていましたが、
それだけに静かな週末のワイナリーが秋の日の中に建っていました。

ランチを頂きに来たカフェは、母屋の建物の2階にあります。
とても風情のある建物は、明治期の甲州民家を再生したものという話で、天井が高く、ほの暗く落ち着いてとても素敵な雰囲気です。

カフェでは、テラスの近くのテーブル席に通されました。
(カフェオープンの11時から入るには予約が必要です
・・・もし行かれるかたは事前にお電話をしてくださいね!(^^))

わたしたちが着いた時間には、すでに何組かのお客様が入っていて、それぞれ寛いでカフェでの時間を楽しみ始めている様子。 わたしたちも、美味しいと評判のお料理を、おすすめのボトルワイン(その日は2008年ものの赤でした!)とともにオーダーしてみました♪♪

d0107419_12274890.jpg
前菜としては豚肉のリエットや、

d0107419_12284170.jpg
これも美味しかった! カブとアンチョビのオリーブオイル、マリネ風。

そしてメインには、
d0107419_12295057.jpg
これが、このカフェの一番の人気らしい、お野菜のプレート!

ここのカフェで使われている素材は、近隣農家から直接仕入れた、採れ立ての有機栽培の野菜・地鶏・卵などが中心だそうです。
 
自家製のパンとともにお皿に盛られた、新鮮な野菜と、お肉も、赤ワインと合ってすごく美味しいです。
(シアワセー!)

・・・・うーん、でもでも、
ここは、「おいしい」と言うだけでなく、とても「良い時間」が流れているのです。

たまたま、訪ねた日が秋の晴天、という恵まれたこともあったのですが、
建物の外から入る日差しが、古い建物の中でつくる優しい光。
そんなものがワインの時間と相まって、すごく素敵な時間になるのです・・・・

d0107419_12391685.jpg
カフェのある2階からは、見事に紅葉した葡萄棚を上から見下ろせます。 こんな景色を見ながらのランチ、
ふぅ・・・小旅行の贅沢な時間です。



カフェ自体は、それなりの広さがあるのですが、テーブル(席)をそれほど設けていないので、お客さんもそれほど多くなく、静かな中でゆっくり食事の時間が過ごせます。

(重ねておススメしますが、ぜひ行かれるかたは11時からの予約をしてくださいね! それ以降ですと、予約できず、1階でwaitingになりますからね。(^^))

・・・・・・・・・

わたしたちは、ワインを空けながらゆっくりと雰囲気とランチを満喫し、
(その後、原茂ワインのご主人に、1階のワイナリーの説明&見学をさせてもらい)
まだ日の明るい原茂ワインを後にしました。

d0107419_13101192.jpg












d0107419_13112672.jpg原茂ワインの番犬ちゃん。


















そのあと、帰りの特急までの時間、秋の勝沼の町をしばし散策。
とにかく、盆地の高台にあるため、見下ろす開けた風景があるというのが新鮮で、
落ち葉焚きの煙がところどころで上がる里の景色をみながら、静かな町を歩きました。

d0107419_13145060.jpg










d0107419_13282998.jpg











d0107419_13292867.jpg



















さすが勝沼? 消火栓まで葡萄もよう(^^) ↓
d0107419_13312247.jpg


* * * * * * * * * * * *

晴れた秋の、ショートトリップ、
静かですてきな一日でした・・・!




・・・これも最近知ったのですが、山梨では、「ワインツーリズム」というものに力を入れていらっしゃるらしく、
いろんな活動を始めているみたいです。


ワインツーリズム山梨というところでは、ワインに関する刊行物も発行している様です。
この「br」という冊子もそのひとつ。
地元のいろんなワイナリーや、そこのご主人達のワインづくりに対する想いが紹介されています。

d0107419_1340842.jpgd0107419_1341546.jpgd0107419_13412695.jpg









ちなみに、「br vol.1」には今回訪れた「原茂ワイン」さんも紹介されています。
(ワインにご興味のあるかたはぜひチェックされてみてください!)


わたしも来年には、また原茂ワインに訪れて、
おいしい時間を頂きたいと思っております・・・・♪♪
[PR]
by voicivoila | 2009-12-05 13:57 | タベノミログ | Comments(2)

ぐい呑み

早いもので今日から12月ですね・・・!

東京の秋もますます深まり、
うちのマンションの駐車場にある桜の葉も、
d0107419_15553066.jpg








d0107419_15564466.jpg









西日に美しく照らされています。









さて!
前回、神楽坂の陶器屋さんで衝動買いをしたお話をしましたが、
その時の もうひとつの衝動買い・・・・


それは、「ぐい呑み」でした!

d0107419_1665612.jpg
これは、優しい風合いとやわらかな佇まいに惹かれて。
清水焼だそうです。

d0107419_16105335.jpg
これは、わたしが定番で好きな藍(青)と白のくみあわせですね、
何焼きかは忘れてしまいましたが、ちっちゃな足のついてるぐい呑み、姿がかわいいです。


d0107419_16135498.jpg
そしてこれは、
ひとつめの写真と同じ風合いです。(写真だとその微妙な色合いが伝わらず残念だったりしますが・・!)。
めずらしく10面体に削られた意匠に、蔦のような絵柄が描かれています。
これも清水焼だそうです。


それで・・・
うちは普段、日常的に日本酒を呑むわけではないのに、なんで、気に入ったぐい呑みを三つも衝動買いしたのかと言うと、実はこれらを見たときに、ふとアイディアが浮かびまして・・・。


毎年、うちは大晦日に私の実家に行き、一足早くお正月のお祝いを皆そろってするのが恒例行事になっているのですが、(翌日の元旦からは、こんどは主人の実家のある田舎へ帰省するのも毎年の恒例です。)
私の実家の両親は、趣味と言うほどじゃないのですけれど、たまに見つけて気に入った焼物・・・(備前焼とか萩焼とか・・・)を、数は少ないですがぽつぽつ買って、飾っていたりします。 
今も実家の棚にはそれらの焼物のぐい呑みがいくつかあるのですが、(両親ともそんなにお酒は飲まないので、ふだん使われる事は無いようです・・・)、大晦日に主人と私が訪ねて行っておせちなどの食事をする時には、一緒に皆でお酒も頂きます。

その時、いつも棚に飾ってあるぐい呑みから、それぞれが好きなものを選ぶ、というのが、なんというか(・・どうと言うことはないのですが・・)、プチ楽しい(?)恒例になっていて(^0^)、 それで神楽坂の陶器屋さんでこれらのぐい呑みを見たとき、
「あ! こんどのお正月(大晦日)は、わたしの選んだこれらのぐい呑みも、両親には言わないままプチ・サプライズで実家に持って行って、お酒を頂く時にお披露目(?)して、実家のぐい呑み達と一緒に、みなで選んで日本酒をそれぞれの器で飲んだら楽しいかも・・・♪ 」

と、思ったのが、その、今回の衝動買いのわけでありました~^^。


。。。。。。。。。。。。。。。。。


高齢の両親が、一時でも楽しんでくれたら、と思います。

高齢の人に限らず、若い人も、わたしぐらいの人もみなそうですが
人と会える一時いっとき、は、大切な瞬間で、それを大切にしたいと思います。

そんなことを考え、
家族や、人と会う機会の多くなる年の瀬を迎える時期に、今年も入りますね。
[PR]
by voicivoila | 2009-12-01 17:10 | ウツワログ | Comments(2)