<   2013年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

遠い場所の知らない誰かに伝わり、継承されてゆくこと。

昨日、社内である人に声ををかけられた。

それはただの通りすがりの一言だったが、

(たまたま社内のとある共同スペースの、あまり人通りがない通路でもあるため
節電で照明を少なくしている少し灯りを落とした場所でちょっとした作業をしている時だった)


後ろから「ここ薄暗いわね」とふいに声がし、

へっ? と思って振り返り、反射的に「あっ、そうですょね」と軽く笑って返したのが、
社内で初めて間近で見るある女性だった。


―その女性は、
私が10代、20代の頃その誌面に惹きつけられて読み、毎号の1ページ、1ページに込められている美しい独特の世界観からどれだけの影響を受けたであろう、と思うある雑誌作りに携わっていた人だった。


今の職場に入社したばかりの頃、社内のある部署がその女性と関わる仕事をしていて、時々この会社にも会議などでいらっしゃる、と言うことを思いがけず知り
「あの雑誌を作っていたあの人が?」と驚き、
ひとつの雑誌とともに、ひとつの文化を世に伝えた人、いつか社内でお姿だけでも拝見する機会があれば…、と思った。


しかしそれから日々は過ぎ、時間に追われる毎日の慌ただしさにその事はすっかり忘れていた時分の、
昨日の廊下でのふいな出来事だった。


「はっ、あの方だ」と思ってお見かけした横顔は一瞬。
あとはフフッと笑いながらゆっくり歩かれる後ろ姿を何秒か見送った。


瞬間の事であるが驚きとともに深く心に入った。

その彼女の、表情の端にユーモアを携えた横顔から
ほんの一瞬だが、いろいろな事を受け入れ多くの事を判断したくさんの事をやり遂げて来た女性の、今の落ち着きと受容の深さを見た気がした。



その後、自分の席に戻って仕事を始めてからもその出来事が残り、
彼女がある時代に作って来た雑誌、それを読み、影響を受けて来た自分が思い返された。



人が人に影響を与える。

例えば母親は娘に、その子を育て供に生きる時間の中で、自然と彼女(母親)の美意識も伝えているだろう。無意識にも娘はそれを引き継ぐだろう。

でも昨日一瞬出会ったその歳上の女性は、
実際に会う事もない遠い場所から、
ひとつの雑誌という場を通して多くのその当時の女の子たちに、ある美しさと世界とスピリッツを送り続けた。

その世界観はひとつひとつのページから若い私の眼を通して私の中に入り込み、
その後何十年か経った今の自分までに至り、人生の中の何かの根幹をつくる一部となっている。


―かつてその本を読んでいたことはすでに昔の事で、今の毎日の中で思い出すことはあまりない。

しかし彼女と思いがけず接近した昨日、
あ、私はこの初めて会う女性がかつて作って来た世界の遺伝子を、私を形成する精神のある一部分として(もうすでに無意識下になってはいるが)継ぎ続けているんだ、と改めて感じた。

それはちょっと不思議な感覚だった。



親からとはまた違う、知らない誰かが作るその人の美意識の作品を、雑誌と言うメディアを通して自分の血肉の一部になるほど影響を受ける。

それは雑誌に限らず、ひとつの映画、ひとつの舞台、、一冊の本、…その他いろんなメディアを通して今も日々誰かに起こっている。

誰かの熱心な仕事が、熱が、誰かに届く。
身近な人であれば感じやすい事が(例えば親から子、師匠から弟子、友だちから自分…)

それがメディアに乗った時、遠い場所の知らない誰かに届く。
作り手の熱が本物であり、質の高いものであれば遠い知らない誰かにもそれは確実に感じ取られ、生涯に渡って静かに深く浸透する何かに成りえる。

その伝播が「美しいこと」「精神の豊かさを教えられること」ならば、なんて素晴らしい事だろう、すばらしい仕事だろうと彼女との邂逅に教えられた。




その晩、家に戻り、古いスクラップブックを広げる。
何十年も前に、その雑誌から切り抜いていたスクラップ。

1ページ全体の空気感が好きでページごと切り抜いたもの、ひとつの女性のコーディネート、ひとつの小物を気に入り丁寧にそれを切り出しブラックバックにレイアウトして貼ったもの、
それらを昔の自分が丁寧に貼り付けたブックから、その時にそのページに、ひとつの写真に、雑誌全体から感じる空気感に、当時どれだけ憧れ、何回も何回も見ただろうかを想う。


何ページか古いスクラップをめくる中に、彼女と会ったその日、時間の無い朝に私がバタバタと選んで着た服のテイストと、どことなく似ているコーディネートの切り抜きもあった。


変わるものは変わる。
でも好きなもののベースは一生の中でも変わらないものだ。
そのベースの一部に、良いものを教えてくれ与えてくれた彼女の仕事を私は讃えたく、感謝したく思った。



もし次にどこかですれ違う事があったなら、
知的で可愛らしく、どこかいたずらっぽい印象もあるそのチャーミングな婦人に、私は何か感謝のヒトコトでも言えるだろうか?


おそらく緊張し「…お疲れさまです!」で精一杯だろう。。。
[PR]
by voicivoila | 2013-10-19 19:01 | 日々のログ | Comments(0)