ぐい呑み

早いもので今日から12月ですね・・・!

東京の秋もますます深まり、
うちのマンションの駐車場にある桜の葉も、
d0107419_15553066.jpg








d0107419_15564466.jpg









西日に美しく照らされています。









さて!
前回、神楽坂の陶器屋さんで衝動買いをしたお話をしましたが、
その時の もうひとつの衝動買い・・・・


それは、「ぐい呑み」でした!

d0107419_1665612.jpg
これは、優しい風合いとやわらかな佇まいに惹かれて。
清水焼だそうです。

d0107419_16105335.jpg
これは、わたしが定番で好きな藍(青)と白のくみあわせですね、
何焼きかは忘れてしまいましたが、ちっちゃな足のついてるぐい呑み、姿がかわいいです。


d0107419_16135498.jpg
そしてこれは、
ひとつめの写真と同じ風合いです。(写真だとその微妙な色合いが伝わらず残念だったりしますが・・!)。
めずらしく10面体に削られた意匠に、蔦のような絵柄が描かれています。
これも清水焼だそうです。


それで・・・
うちは普段、日常的に日本酒を呑むわけではないのに、なんで、気に入ったぐい呑みを三つも衝動買いしたのかと言うと、実はこれらを見たときに、ふとアイディアが浮かびまして・・・。


毎年、うちは大晦日に私の実家に行き、一足早くお正月のお祝いを皆そろってするのが恒例行事になっているのですが、(翌日の元旦からは、こんどは主人の実家のある田舎へ帰省するのも毎年の恒例です。)
私の実家の両親は、趣味と言うほどじゃないのですけれど、たまに見つけて気に入った焼物・・・(備前焼とか萩焼とか・・・)を、数は少ないですがぽつぽつ買って、飾っていたりします。 
今も実家の棚にはそれらの焼物のぐい呑みがいくつかあるのですが、(両親ともそんなにお酒は飲まないので、ふだん使われる事は無いようです・・・)、大晦日に主人と私が訪ねて行っておせちなどの食事をする時には、一緒に皆でお酒も頂きます。

その時、いつも棚に飾ってあるぐい呑みから、それぞれが好きなものを選ぶ、というのが、なんというか(・・どうと言うことはないのですが・・)、プチ楽しい(?)恒例になっていて(^0^)、 それで神楽坂の陶器屋さんでこれらのぐい呑みを見たとき、
「あ! こんどのお正月(大晦日)は、わたしの選んだこれらのぐい呑みも、両親には言わないままプチ・サプライズで実家に持って行って、お酒を頂く時にお披露目(?)して、実家のぐい呑み達と一緒に、みなで選んで日本酒をそれぞれの器で飲んだら楽しいかも・・・♪ 」

と、思ったのが、その、今回の衝動買いのわけでありました~^^。


。。。。。。。。。。。。。。。。。


高齢の両親が、一時でも楽しんでくれたら、と思います。

高齢の人に限らず、若い人も、わたしぐらいの人もみなそうですが
人と会える一時いっとき、は、大切な瞬間で、それを大切にしたいと思います。

そんなことを考え、
家族や、人と会う機会の多くなる年の瀬を迎える時期に、今年も入りますね。
[PR]
by voicivoila | 2009-12-01 17:10 | ウツワログ | Comments(2)
Commented by Angelita at 2009-12-17 00:31 x
ぐい飲みたち素敵ね!いい買い物したね ^^
ご両親も喜ばれることでしょう。
神楽坂かぁ。私もそのお店にいってみたいな。
Commented by voicivoila at 2009-12-17 00:51
Angelitaちゃん♪♪

このぐい飲みで、お神酒をいただくお正月(大晦日)が楽しみです(^^*)

このお店、以前Angelitaちゃんと神楽坂を歩いた時も、前を通ったような・・・? 
飯田橋駅から出て、坂をあがる途中の右手、むかーしからあるっぽい古い(どちらかというと地味な)佇まいのお店です。  こんど神楽坂でごはんする機会があれば、覗いて行きましょうね♪
<< 山梨 、 『原茂ワイン』 へ 青花 >>