映画 『ファッションが教えてくれること』

d0107419_2333819.jpg

久しぶりに「見たい」と思った映画へ行く。

『ファッションが教えてくれること』。

アメリカ版「VOGUE」の編集長、アナ・ウィンターの姿を追うドキュメンタリー映画。

アナ・ウィンターと言えば、
わたしは知識はほとんど無く、ファッション誌の「パリコレ特集」など、コレクションの記事を見るたびに
必ず”ファッション・スナップ”で写される、超有名(らしい)編集長・・・、という知識ぐらい。
 
コレクションの時期、彼女が一日目に何を着てたか、二日目は何を着てたか、三日目は・・・・
それが世界中のカメラに写され、最新のモード・ニュースになる、ファッショニスタの間では影響力のあるすごい人なんだなあ・・、という認識でした。

そんな記事に載る彼女は、いつも黒いサングラスで憮然と腕を組み、世界のモードに影響力を持つと言うコワイ印象。 なんと、あだ名は 『ドレスを着たダース・ベイダー』 だそうで・・・・。
(・・・・映画をみれば、その、ダース・ベイターぶりが、ワカリマス・・・・。)

* * * * * * * * * * * *

映画では、そんな誌面の印象とは違う彼女のチャーミングな笑顔や、表情も見れました。

もちろん、誌面の写真(構成)を決めて行く彼女はある意味、「鬼」。
それは『VOGUE』という、歴史のあるモード誌をを双肩にかけるには、当然の『仕事』なのでしょう。
そして、相方と言える仕事仲間のグレイスという女性との永年の信頼関係。

”アーティスト”堅気のグレイスと、
あくまで”ディレクター”であるアナ・ウィンター。

相容れないこともあるかも知れないけれど、それでもお互いが無ければ成り立たないVOGUE。

その二人の関係が軸になって映画は進みます。

モードやファッションに直接興味のない人でも、
「仕事人」のドキュメンタリーとして、おもしろく見られるのでないでしょうか。

* * * * * * * * * * * *

映画を観たあと、ひさしぶりにVOGUEを買いたくなっちゃいました(^^)。
vogue NIPPON ではなく、アナやグレイスが編集している、アメリカ版vogueを覗いてみようかな・・・・・


余談:

映画を観終わったあと、ダンナと寄ったバー(映画館の入っているビル、マルイ・アネックスの地下にある『ブルックリン・カフェ』、レンガの壁と、本棚が並ぶ広い空間)で一杯飲んだ、日本の地ビール。
ベルギー・ビール風のホワイトビールで、おいしかったデス。
何県のものか、銘柄とか忘れちゃったけど(><)。

映画の後、お互いの感想を語りながらの一杯のひととき、いいですよね。。。
[PR]
by voicivoila | 2009-12-13 23:54 | エイガログ | Comments(2)
Commented by Angelita at 2009-12-17 00:28 x
映画を観たのはバルト9かな?
だんなさんとお洒落なデートね。
ドキュメンタリー、私はパリ・オペラ座の映画を観ました。
この映画も面白そうですね~。
Commented by voicivoila at 2009-12-17 00:42
Angelitaちゃん! コメントありがとう i(^▽^)i

そうそう、映画を観たのはバルト9。
映画自体、観るの久しぶりだったし、”バルト9” なる所に行ったのも初めてだったよ~。 こんなところにこんな映画館ができてるとは知らんかった。

映画、なかなか良かったですっ。  ファッショニスタ達の世界がかいまみれてモードな刺激をうけました!
<< 豆鼓オイル(ガーリック風味)♪ 山梨 、 『原茂ワイン』 へ >>