プラットホームで。

少々疲れて帰宅の途中

乗り換え駅のプラットホームで、やはり同じくお疲れなのか寡黙なサラリーマンの人たちと、
一緒に、ぼうっと並んで電車を待っていたら

どんよりしたホームに突然響く明るい声。


『おたんじょうびおめでとう 』

ホームの真ん中に立ってる若い女の子が、携帯で誰かに言ってる。


短い髪の、ボーイッシュな女の子。

でもその、誰かを祝福する言葉が
携帯の具合で相手にうまく伝わらなかったようで、彼女はもう一度さっきよりさらに明るい声で

『おたんじょうびおめでとう!』

と繰り返した。



おたんじょうびおめでとう、の
「じょう」と「とう」にアクセントがあるから、東京の人じゃないのかな。 西の方の人かな?


女の子のそのイントネーションもあってか、語る口調の屈託のなさや彼女の笑顔、相手に対する掛け値なしの好意みたいのが伝わってきて、
「なんかいいな」とちょっと思った。














地元の駅に着いて外に出たら、雲の中に稲光と、時々パラパラ雨。

生暖かい湿った空気と、
涼やかな空気が入り雑じった変な風が吹いてた。

もういい加減秋にならんかいな!
[PR]
by voicivoila | 2010-09-14 01:05 | 日々のログ | Comments(0)
<< 雨 白鳥レース! >>