日常を切り取る身体。

今しがたテレビで歌舞伎の舞台映像を観てあらためて思った。


人が動き、それを観る贅沢。



先月に大駱駝艦を観た時も思ったが、
人が、人体が動く事、それだけで事件(事件と言うのが言い過ぎなら“劇的な事”)なんだなー、と思う。



昨日、
とある駅を降り、乗り継ぎの為に近くの駅まで歩いている時、
その途中の道端に袈裟を被った修行僧の方がいらっしゃったが、
その光景はそれだけで日常を切り取るパフォーマンスだと思った。


本当に一人の身体、一個の身体は空間を切り取る劇場だと思う。

その思いは最近一層強くなっている。



voici
[PR]
by voicivoila | 2013-04-16 22:59 | カラダ・ブタイ・デザインログ | Comments(0)
<< 高円寺大道芸まつり もずく酢。春。 >>