ダルブッカ・ワークショップ!!

d0107419_0381567.jpg

今日は、普段はあまりダルブッカレッスンを開かない、日本でも有数の奏者の方のWSがあったので行ってきた!!
(ダルブッカをご存じない方へ。私がその音に惚れて習っているエジプトの太鼓でございます☆タブラともいいます。インドやトルコにもダルブッカとかタブラとか呼ばれる太鼓はあるんだけど、またちょっと種類やかたちが違ったりする)

最近は、わたしが以前から定期的にならっているお師匠が御自身の活動でお忙しいらしく、レッスンが冬からお休みのままになってるので、わたしもイキオイ太鼓に触れない時間が長くなってて 「ヤヴァイヤヴァイ」 と思っていたのだが、今回、別の奏者の方が(わたしが思う日本人ダルブッカ奏者の最高3本指の中に入るひとり!!!)レッスンをされるとの事で、私のレベルで参加してよいのだろうか・・・・という不安も内包しつつ、”でもそんなことで恥ずかしがってたら何も始まらんばい!!”と勇気を出し(勇気というか、その人のレッスンを受けたい気持ちが恥ずかしさよりも何よりも大きかった)、久しぶりにタブラをフンガっと抱えて出かけたのでした。
(ダルブッカをご存じない方へ。 タブラは結構重いっす・・・・・・)


したらばしたらば・・・・楽しかったーーーーーー!!!!!
いつも習ってるお師匠もそうだが、今回の人も当然現役ばーーりばりのミュージシャン、その人が思ってること、考えてることをライブで聴き、そして自分たち(=生徒たちの)バッキングで、生でソロを叩くのを聴く・感じる。。。これはダンスのレッスンで先生を(先生の動きを)真近で見ても感じることだが、ほんとにその時間はなにものにも替えられないものです・・・・・

そしてそして。。。レッスンも後半になる頃、「ちーっす」と、タブラ抱えてスタジオに入ってきた人が・・・・そ、そりは、またまた日本タブラ奏者3本指の内の別のひとりが遊びにきたのでした~~~!! とーぜんの流れで「せっかく来たんだから叩いてよ」という事になり、わたしにとって、タブラを始めるきっかけとなった最高上手くてカッコイイふたりが目の前で軽くしかし熱くセッションを始めたのでした・・・・・・・・・

・・・・・・・・か、感涙・・・・・・・・・・(T0T)!!!!! こんなのが目の前で見れるとは。。。。


そしてたのしい時間は過ぎ、会はお開きとなったのですが、ちとコーフン気味のまま帰ってきた今宵のわたしでございます。
おしっ、最近どちらかというとダンス熱が高まり(それはそれでイイこと♪♪)タブラがお留守になってた私ですが、強烈刺激的な場を体験し、再びタブラ熱上昇!!!!やはり、心からの憧れに勝る動機はなしっーーー!!



(図 : エジプトEL FAN社製のダルブッカの打面の模様。わたしのタブラもこれです♪)
by voicivoila | 2007-06-06 01:35 | タブラログ
<< アマーニの踊りをみていたらシル... 北欧風 >>