d0107419_23551938.jpg

自分(自分の中身)って、生きて進んで行く中でその時その時のまわりの環境に影響されたり、新しいものと出会ってそれが自分の中にはいり混ざったり、
毎日更新され新しい自分になるんだから、それにともなって自分のまわりのモノも更新しなきゃね。

私は引越しが少ない人なので(人生の中で引っ越したのは結婚して実家を出た時だけ)
ついつい昔からの持ち物が家の中にたまり、そこに年々新たなものが増えるわけで
知らず知らずの内に家のなかは物であふれ。。。。。。

最近、イギリス人で、風水の研究などをした女性の本を読んだんだけど
彼女いわく、
捨てられない本や写真、服、手紙、etcetc が人にはたくさんある。
でも、そうやってつい捨てられず、膨大に蓄積したものに家の多くのスペースをとられたままで暮らしていると、だんだんと家の空気も、そこに住む人の人生も滞ってしまう。

例えば過去の自分に大きく影響を与えた本、自分の指針となったもの、、、
それらを大切だと思いずっと取っておいたりするものだけど、
それを過去に何度も読み、もうすでに今のあなたの一部に、あなたの血肉になっているなら
手放してもいいのです。もうそれはあなたの中にあるのだから。


・・・という考えがなんか新鮮だった。
もちろん著者は、なんでも捨てろと言ってるのではない。
今大切なもの、これから”なりたり自分”に大切なものは持っていなさい、と。これからなりたい未来に進むために。
でも、過去のその時の自分に重要だったもの、は、その時しっかり吸収していれば捨てて良いんだと。
その本を捨てて空いたスペースには、また新しい(これからの自分に必要な)ものが入ってこれるんですよ。過去のもので埋まっているスペースには新しい風が入りません。これからの自分に良い感化を与えてくれるものを迎え入れられる場所をつくりましょう。と。

ぱっと見は、物を整理する・片付ける(捨てる)ことを説いてる本だけど
本当は全然それだけじゃなく、スペースをクリアにすることで、自分の気持ちも新しくし、
(毎日自分が居る、住む、見ている環境は当然そこにいる人間に多大な影響を与えてるから、あるいは住んでいる部屋・家は、その人自身を表しているものだから。)
人生の次に進むことを書いてて、けっこう「なるほど・・」と興味深かった。。。

片付け苦手なわたし。
さて、涼しくなったら片付けの秋にしようかな?
[PR]
by voicivoila | 2007-10-03 00:42 | ヒトリゴトログ | Comments(4)
Commented by サラ at 2007-10-03 21:37 x
私もなかなかモノを捨てられなくて、今回の引越しも分別がなかなか進まず、とりあえず全部放り込んだ末、引越し後にダンボールを開けてから捨てたりしていました(引越し業者の人に申し訳ない・・・)

うちのダンナは私よりかなり大胆に捨てる人なので、どうしようかなぁ、と迷って自分でゴミ箱に入れるのが忍びないもの(娘が小学生のときに書いてくれた絵のうち駄作なものとか、きれいな箱とか)は、目に付いてちょっと邪魔になるところに置いておくと、しかるべきときにダンナがこっそり捨てておいてくれます(笑)

笛は構造がシンプルな分、意外と鳴らすのが難しいみたいね。
それだけ単純だからこそ、吹く人の個性が出せるのでしょうね。
Commented by voicivoila at 2007-10-04 12:22
>自分でゴミ箱に入れるのが忍びないもの(娘が小学生のときに書いてくれた絵のうち駄作なものとか、きれいな箱とか

・・・わかるー!そういう捨てられないもの、あるよね^^;
でも、ダンナさま、そういう ” ビミョウな機微のもの ” を捨ててくださるなんていいな!

昨夜も仕事から帰って夜、
「永年なんとなく捨てていなかったけど、冷静に考えると持ってなくていいモノ」をいきおいでをダダダッと捨てる準備したら気持ちよかった!
個人的に10月は過去の見直し・不要物廃棄強化月間になりそう(笑)
でもその気になったときの勢いでやっちゃった方がいいよね、私みたいな普段コシが重くてなかなか整理整頓やらない人は~・・・ハハハ
Commented by dayathefrog at 2007-10-05 01:51
迷ったら、身(実)になってると思えるなら捨てる。。。かあ。
いいですね!
私もそれでいこう!

私も捨てられないほうで・・・って思っていたら
結婚した相手はもーーーっと捨てられない人なので驚きました。

でも、えい!って捨てられるかどうかで
体力っていうか気力の状態がわかりますよね、、、
涼しくなったことだし。私も、よっしゃ。
Commented by voicivoila at 2007-10-05 10:35
そうなの
「自分がそのエッセンスを吸収したものは、もう捨ててもいい」って考え方、チョット新鮮だったー!
私も、雑誌とか本とかに関していえば、むかーし気に入って切り抜いてるビジュアルとかもたくさんあるんだけど(切り抜きとか雑誌もたまりますよねー^^;)、その考え方したら、バンバン捨てられた(笑)
昔の私に大事で必要で気に入ったものでも、その当時何回も何回も何回も見て、もうそのイメージは私の中に入ってるわ!と思えて。
なんか潔くて気持ちいいよ

そういう考えで次は服とか靴にとりかかろうと思います(笑
整理整頓の苦手は私はあふれる物に囲まれて暮らしてるけど、ほんとにいつも使うモノって一部なんだろうなー、って。コンパクトに、自分の気に入ったものに暮らせたら気持ちいいね。

家をかたづけ始めたらやっぱ、体の中の滞りも動き始めた気がしますー
ぜったいリンクしてるよね
家もこころも風通しよく暮らしたいね

<< 蓮 低調の中から >>