ペルシャ古典楽器に触れる

昨年末にあった自分の通うダンススタジオのダルブカ・ワークショップで、2回程ご一緒した男性が「自分の住んでる街にペルシアの料理と古典音楽のお店ができたんですよ」と仰っていたのを聞き、え~行ってみたい、と暮れから思ってたのですが、
そのお店は、レストランをやっていない午後の時間にペルシア古典楽器(サントゥール、タール、ダフ、他いろいろ)やペルシア舞踊のレッスンもやってると言うことだったので、先週たまたま仕事休んだ日に、昼間に時間のある日も貴重だから遊びに行っちゃおう!、と突如、自分のダルブッカを担いで行ってきました。

場所は、大きな繁華街を抱えるターミナル駅からあるくこと10分ほど。かなりお店もすくなくなり、住宅街に入る入り口にひっそりとありました。
お店入ったら、その日は店主さん(古典楽器奏者のイランの人)しかいなかったけど、店奥の、香の匂いのする薄暗い絨毯敷きの広間に通され(これがすごい良い雰囲気…)、薔薇のお茶を頂きつつ、まずペルシャ音楽の簡単なお話をしてくれ、その後いろんな古典楽器を出してくれながら、見せて、聴かせてもらいました。

まずサントゥール、っていう琴みたいな(今のピアノになる原型だそう)楽器を見せてくれたんだけど、いきなり目の前で奏で出したら、思ったより大きい、それも凄…い美しい音!でちょっと衝撃…。体感してる空間が急に異なるところに持ってかれる、それに途中からサントゥールに合わせペルシャの唄も朗々と歌い始めたので(その方はプロの古典奏者でありプロの古典唱者でもあるらしい。)いきなり異世界度150%。 
まるでアルメニアの至美の傑作映画 『ざくろの色』 の世界に入ったようでした……

次はタールというインドのシタールの先祖とか、笛のネイ(リードが無くてその代わり歯で吹くという、超難しそうな…!)、そしてトンベック?という名前だったか、ゴブレット型の木の太鼓(叩かせてくれたけど穏やかな優しい音)、これは店主さんいわく手より指で叩くと。 演ってくれたらなる程指を忙しく速く動かして音を出すのはエジプトダルブッカと違って、もしダルブッカで言えばトルコ奏法に近い感じかな? それともまた違うけど。面をなぞるサー、ザー、した感じもトルコぽい感じが。

そして一番凄いと思ったのがダフ…!(打楽器) 大きな(直径50~60センチか?)打面に薄い幅の木枠。木枠内面縁にはズラっと金属のリングが 垂れてて。これはペルシャ音楽の中でも大切で、唄に合わせることもするし、これだけで、本当に色々なことのできる楽器です、と。
そして、彼が叩きながら唄い始めたら…嵐が来たと思った…!凄い迫力で、打ち方もドフ立てたり寝かして打ち付けたり凄い激しい。唄ってくれたのが激しい曲だったのかも知れないけど(唄も激しい)、唄い叩いてる空間が自体がすごい劇的になって…!ドフで唄を歌いあげるのは今まで見たことなかった・・・、凄いいい、これ、また見たい…!…その日に見た古典楽器のなかで私は断トツでこのダフの音色に惹かれました…!
店主さん曰く、いろんな古典楽器を知り、奏でていますが、世界で一番難しい楽器がこのドフだと私は思います、と。 …わたしは楽器詳しくないけど、直感で、本当にそうなのかも、と思えたのでした。

ひと通り楽器の紹介と演奏を見させて頂いたら、最後に、「ダルブッカ叩いてみてください」と言われたので、何しようかな?と思って10拍子の「サマーイ」というリズムを叩き始めたら、店主氏はフムフムと聞き、自分の美しいサントゥール(琴)で旋律を合わせ始めました。ちょっと感動。。。10拍子の後、「ペルシャ音楽は3拍子が多い」と最初の説明で聞いていたので3の倍数の9拍子、「カルシラマ」というリズムを叩きました。そしたらまたフムフムと頷かれ、今度はペルシャの基本の3拍子を教えてくれたので(とてもシンプルです)、彼のサントゥールの演奏を聞きながら3拍子を叩き続けたのでした。…他の楽器と合わすの面白い…、ちょっとわくわく、 嬉しい体験です。

その日は店主さんが、木を彫りながらサントゥールを作ってらっしゃる最中にお邪魔したようです。 古典楽器も作ってるってすごいな…。イランと日本は気候湿度が違うから、運んできても1、2年で駄目になるそう。それなら日本で日本の木で自分で作った方が良いと。

そしてこのお店は雰囲気がすごい素敵!でベリーダンスにもすごく合うから、「いつか友達と踊ったり叩いたりパーティーするのに使っていいですか?」って聞いたら、どんどん使ってくださいとのこと。ほんとにやってみたい!
という訳で異空間の時間を過ごせた午後になったのでした…。
目の前の楽士と、奏でられる音、音楽を愛してる人の話を聞き・・・、なんて贅沢なんだ。

店を後にして帰宅してからも、まだお店の美しい香が身体についていました。
また行きたいと思います。。。。
[PR]
by voicivoila | 2008-03-02 15:04 | オンガクログ | Comments(8)
Commented by Angelita at 2008-03-03 01:00 x
おひさしゅう!元気そうでうれしいです。そして自分の好きな世界にどんどん深く入っていくのがうらやましいなぁと思いました。私はフラメンコを聴くだけ(観るだけ)だけど、実際にその楽器をやっているというのはまたひとつ深さが増すのでしょうね。素敵な場所がみつかってよかったね。
Commented by yoko at 2008-03-03 11:26 x
こんにちは!
早速お邪魔させて頂きました~。
素晴らしいブログですね★
感じ取ったものをここまで完璧に言葉にできるなんてホントにスゴイ!!
まずは豊かな感受性と好奇心がないとですけど。。

さてさて、そのお店(というかその店主)、奥が深いですね。
普通のレストランかと思っておりました。
私音楽や楽器には疎いですが、ドフは特に生で聴いてみたい!
それにペルシャ舞踊というのもとても気になります。
全般的に「ペルシャ」と聞くと反応してしまうのですよ~。
そういえば、この前「ハーフェズ ペルシャの詩」という麻生久美子さんが出演しているイラン映画を観に行きました。
とても感覚的で難解な内容でしたが。
きっとひとつひとつの意味を理解しようとすると大変なのでしょうけど、
私は映像や雰囲気を楽しんでいるだけでした。
Commented by voicivoila at 2008-03-03 23:55
Angelitaちゃん
ご無沙汰しちゃってるねー!!!! どうしてるのかなと思ってた、元気? 先週ウチの主人が○○○○目の駅でAngelitaちゃんがお友達とお喋りしてるのを見かけたと言ってました。時々お見かけすることがあるみたいですよ^^。
ダルブッカ、おかげさまで続けてます~・・・。ダルブッカをやってる、という事でいろんな人や、いろんな人の思い、のある所に連れて行ってもらえることがあります。そんな毎日を過ごしてます。それは太鼓だけじゃなく、ダンスでもそうだけどね!好きなものがあるとそうだよね、Angelitaちゃんも自分の好きなことがいろんな人や場所につながっって広がっていってるんだよね。
このお店、みんなで賑やかに過ごすこともできると思うけど、静かな夜に奥深く、異国の空気と、香りと、音楽に連れて行ってくれるからいつかAngelitaちゃんとも異郷の調べを聴きに行きたいな。。。
Commented by voicivoila at 2008-03-04 00:10
Yokoさん!!
早速ご来訪ありがとーー!! そうなの、レストランというだけよりも店主である古典楽師の人の想いが満ちた素敵な場所でした。
ドフ、、、エジプトのドフとはまた違って初めて見たペルシャのドフもすごい良かった!! 是非一緒に見に行こうよ。 そうそう、ペルシャ舞踏ね?! わたしも行ったときは音楽のお話だけをしたけれど、踊りも教えているそうだからそれも興味あるよね?!体験してみたい~
「ハーフェズ ペルシャの詩」、見に行ったんだ! 私は去年のクリスマスに高円寺のイラニアン・レストラン「BolBol」に行った時、この映画のフライヤをもらって「良さそうだな」と思ったんだけど行きそびれてそのまま・・・。感覚的な内容だったんだ。BolBolの店主のイランの人もお勧めだったよ。

先日のYokoさんのsaiidiの踊りを見て聴いて触発され、いつかは私も踊ってみたいと思ったよ!最高のリズムだよね。私はいつのハフラで挑戦となるか・・・・??^-^
Commented by サラ at 2008-03-04 18:46 x
Voiciさん、お久しぶり!
素敵な場所や出会いが沢山あって、羨ましいです。
私は、チュニジアで初めてアラブ音楽の生演奏を聴いてきたよ(ベリーのショーも初体験でした!)
アラブの楽器の博物館も見に行ったけど、子供が触りたがって、あまりゆっくり見られなかったのが残念でした。

ざくろの色って映画も見てみたいな~
Commented by voicivoila at 2008-03-04 21:23
サラさん!!お久しぶりっ!(>_<) ダルブッカまわりの活動(?)で心あわただしくしててPCもあまり見てなくてご無沙汰しちゃった・・(;_;) ちょうど今日の会社の昼休み、サラさんのblog覗いたら”チュニジア”って書いてあったから「へー!チュニジアに行ってきたんだ!」って思ってたところ。チュニジアでアラブ音楽の生演奏なんていいな~、素敵! チュニジアって確か毎年アラブ音楽の世界的なフェスティバルもやってるんじゃなかったっけ・・そういうアカデミックな文化もあって素敵そうな国だね。。

アラブの楽器の博物館。。。。超興味惹かれる・・・

アルメニアの映画監督、セルゲイ・パラジャーノフの『ざくろの色』はなんとも素晴らしく色彩美、映像美の作品です。ただ芸術性も高く、あまりに独特すぎて人によって好みが分かれるかも・・ 私は初めて観た時からやられてしまって、今はDVDも持っています。サラさんにも是非一度観てほしいなー・・!

・・・blogに間隔が開いたり、こんな風にお付き合いにムラができてしまう私ですが(汗)、サラさんがまたコメントくれて嬉しい!!これからもご縁がありますように・・・。またサラさんのところにもお邪魔するね!
Commented by Angelita at 2008-03-06 00:50 x
そっか~。だんなさんに目撃されていたのね(笑)声をかけてくれればよかったのに~。
私は明日はスペイン語学校のイベントの無料コンサート(クラシックギター)に行ってきます。最近はフラメンコばかりだったからクラシックは久しぶり。
異郷の調べを聴きに・・・今度連れて行ってね♪
そういえば誕生日のプレゼントをまだ渡していないのでまた会いたいで~す。
わたしのブログに久々にお花の写真のせたからのぞいてね!
Commented by voicivoila at 2008-03-06 23:03
今週も土曜日の昼下がりから、楽器に親しんだり、奏でるのを習ったりしに遊びに行くのだけど、Angelitaちゃんが行ける時もゆっくり訪ねましょうね。。。
誕生日のプレゼント?! もうもらってるーーー!!
ダルブッカやイベントなどで週末もなかなか落ち着いて家でゆっくりできなかったここ2ヶ月程ですが(>_<)、先日、贈ってくれたワインを頂きましたー!ご報告もできてないままでごめんね!!ここで報告するのもなんなんですが(^^;)、フレッシュで、しかしコクと深みもある味で・・美味しかったです・・!どうもありがとう☆
うん、また会おう~♪
<< 踊りと音楽と人で夜は更ける。。。。 「ご無沙汰すぎる反省」 と 「... >>