踊りと音楽と人で夜は更ける。。。。

金曜日、会社帰りに下北沢へ。
ダンススタジオの先輩がベリーダンスグッズのお店を去年シモキタに開いたので、そこを覗きにいく。アクセサリーなどなどカワイくてお安いものをいくつかget~♪ 2,3日後にエジプトに行くからお店閉めるって言ってた。開いてる時にきてヨカッタ。

シモキタから地元の街へ。
この日あると聞いたペルシャンレストランでのベリーダンス・ライブは、もうとっくに始まってる時間。駅からしばし歩いてお店に着くと、ショーの一部と二部の間で、店主の古典楽器奏者の方が仲間のイランの人とサントゥールや、先日衝撃を受けたアグレッシブなダフの演奏をして唄っていた。
やった!また見れた! ほんとはその夜、店主さんは演奏する予定はなかったが、ダンサーに促されて急遽演奏したらしい。準備もできてなくて・・・と恥ずかしそうに笑っていた。

ほどなくショーの二部開始。ふくいくたる香りを先陣にべりーダンサー、safiさん登場・・・
あーsafiさん見るの久しぶり! ・・・私がベリーのライブを見るようになってから今まで、回数で言えばsafiさんはそんなに見ていない方かも? でも不思議と、しばらく見ていないと「あ、そいえばsafiさん最近切れてる (薬っ?!)。 見たい。」と思い出す人なのだ。
safiさんは、私自身がベリーダンスを知ったばかりの勢いづいた初期衝動でライブに猛然と行き始めたその極当初に見たダンサーさんのひとりだ。その頃見たものというのは、知らないカルチャーを浴びる経験だったせいか、いろんな事をすごく印象的に覚えてるし、それが私のベリー原体験になってるかも知れない。
今を去ること何年か前の2月か3月、下北沢のとあるbarで見たsafiさんのライブもそうだ。その時のお店の空気、そこにいた人、そこで起こったことは今もすごく印象に残っている。ベリーダンスの、ダンサーさんの、世界に触れる入り口にいて、すべての事が五感に鮮やかに入ってきたのだ・・・・・・

今夜のsafiさんはアラブ・ポップスでCuteに踊る♪ いい雰囲気の薄暗い店で、お酒飲みながらゆるゆるとサフィさん見て宵を過ごすって、シアワセのひとつだ~・・・・・・

そしてその夜、もう一人、初めてお目にかかるダンサーさんがいらしたのだが、ショーの後お話したら、なんと!昨年のダンススタジオ主催のダルブッカ・ワークショップに私と一緒に出席して、その時このお店を教えてくれた男性の、その奥様であることが判明~!なるほど、ご夫婦でこのお店をお気に入りで店主さんとも知り合いで、今回のsafiさんとのライブもその奥様が企画されたそう~。偶然のつながり。それからそのダンサーさんと、いろんなダンススタジオの話や、ベリーまわりの話なぞしつつまたここでやりたいから会いましょうと挨拶して店主さんにもまた来ますと挨拶して、夜更けた街をあとにしたのでした。

で、そのあとターミナル駅の反対がわに渡り、知り合いのBarに行ってマスターに、「駅の反対側にペルシャ古典音楽のお店ができて今そこに行ってきたんだけど・・・」って言ったら、マスターが「そのお店の主人、友だちだよ」って!! ・・・そのBarのマスタもイランの人、ペルシャンレストランのご主人ももちろんイランの人、で昔からの知り合いだそう・・またつながったー!なんか面白い。で、さらにその夜、そこでもう一つ別のつながりがあり、(ベリーとは関係ないんだけど・・・、その街に20何年開いていたちょっと伝説のビストロがあり、かつて私も主人と何度か行って良い時間を過ごさせてもらってたのだが、ある時突然お店が消え、街の大切な何かがひとつ消えた寂しさを感じてたのだが、そこの支配人だった人が(今は別の職業)、そのBarにその夜飲みに来てて、マスタを介して紹介され、出会え偶然お話できたのだ・・、良いお店を出してただけにやっぱご本人が遊びの好きなおもしろい大人だった)
そんなこんなで、偶然のつながるおもしろい夜を過ごせたのでした。。。

こういうのも人生の、小さいけれど、確かなしあわせですね・・^^
[PR]
by voicivoila | 2008-03-04 00:34 | ベリーログ | Comments(0)
<< 西荻窪 「よこバランス」 ペルシャ古典楽器に触れる >>