高円寺 中央線文化の夜

昨夜、思わぬ流れで、ふいっと高円寺にある「円盤」というライブハウスに、インプロビゼーション(完全即興)ライブを観にいくこととなる。
「円盤」よく聞く名前だけど行くの初めて。駅を出て高架下を歩く。どこだ。見つけた。
で、扉開けたら、

そこに在った中央線文化。 在った、今もこうなんだ、健在なんだ繰り広げられてるんだ(ジーン)。

私が中央線沿いに通ってた学生時代、しょっちゅう行ってた吉祥寺曼荼羅や他のライブハウス。 そこに来てた人やそれらが出してた匂い。

それまだあるのね。目の前に、ここにあるのね。そして今夜の円盤はそれに増してディープ。
置いてあるCD(売り物)がまずどんなジャンルだか分からない聞いたことも無い人々の。 
その中で見つけた「ゆらゆら帝国」のCDが、これ超メジャーじゃん!?というくらいのインディーズ(という一般的な言い方さえすごいメジャーを指すように聞こえるくらいの極地インディーズ)っぷり。 ややっ、スゴい。 こゆ凄さ、長いこと会ってない。

そして、ピアノとパーカッションとなんだか創作楽器だかの完全即興を見に来てる
客層が客層が客層が、
ベリーダンスや太鼓のイベントで見るのと世界が違う



うーーーーー



中央線の内包する力は、20年前と変わらず。
私は嬉しさを覚えるのです。

こんな空気をその懐に入れてこそ東の都。

Viva 東京!!!!!
[PR]
by voicivoila | 2008-04-06 13:17 | マチログ | Comments(0)
<< 影響される人を 一週間じゃ たりない~~!! >>